「刑場の花嫁」を入力した

今日は「刑場の花嫁」を入力した。題名は「しおきばのはなよめ」と読む。 数ある銭形平次の作品の中でも、思わず「?」っと目を引く刺激的な 題名である。 それに反して、物語は中盤まで、むしろいつもの作品よりも淡々と進んでいくのだが 物語の2/3が進んだあたりで、急に展開が変わり、圧倒的なシーンが展開する。 この場面の野村胡堂の筆力は凄くて、読者もぐっと引き入られるだろう。 ただ、果たして江…

続きを読む

「活き仏」「夕立の女」を入力した。

今日は「活き仏」と「夕立の女」を入力した。 「活き仏」は銭形平次捕物全集の第6巻所収の作品で、ようやく第6巻に入った。新興宗教を題材にした作品は銭形平次には数篇あるので、前に読んだような既視感はいなめない。いささかネタばれになるが、この作品もやはりインチキ宗教で、野村胡堂氏は新興宗教には手厳しいようである。一つ位は、実はちゃんとした新興宗教だったという捻りがある作品があって良いのでは?と逆に感…

続きを読む

「鬼の面」を入力した

今日は中篇の「鬼の面」を入力した。 昭和25年から26年にかけてサンデー毎日には銭形平次が連載されていた。毎回読み切りではなく、一つの作品が3週間ないし1ヶ月間続くので結果的に中篇となる。 サンデー毎日への連載は昭和25年5月7日号に掲載された「青葉の寮」からはじまり、「鬼の面」は2作目である。 サンデー毎日に掲載された作品は、その後、毎日新聞社によって単行本が出されたが、なぜか「青葉の寮…

続きを読む

「色若衆」を入力した

今日は中篇の「色若衆」の入力を完了した。どちらかというと本格的な推理物なのだが、伏線の用意が足りないため、最後のどんでん返しがすっきりしない。 そのためであろうか、昭和22年に報知新聞が「新報知」という紙名で夕刊紙として復刊された際に連載された中篇3作、「八五郎女難」「有徳人殺害」「色若衆」の中では、他の2作が単行本として報知出版社から連載終了から間もなく出版されたのに対して、色若衆は昭和25…

続きを読む

「お篠姉妹」「ガラッ八祝言」を入力した

昨晩、少し残った「お篠姉妹」と、「ガラッ八祝言」の2編の入力が終わった。これで、河出書房版銭形平次捕物全集の第5巻の入力が完了し、第103話までが済んだことになる。 「ガラッ八祝言」はなかなか凝った筋書きで、状況が二転三転する捻りが秀逸である。短編の中でも幾分短いため話のテンポも早いのが良い。

続きを読む

「忍術指南」「許嫁の死」「紅筆願文」を入力した。

「忍術指南」「許嫁の死」「紅筆願文」を入力した。海外渡航中にルビ以外の入力は済ませていたので、作業は捗った。 「紅筆願文」は暗号文がテーマになった作品であるが、暗号がテーマなのは銭形平次383編の中でも数篇しかない。 この3作は出来栄えとしてはいずれも標準的なレベルに思えるが、筆者は「忍術指南」が好きである。話の筋運びには幾分無理があるので、賛否両論はあるだろうが、軽妙な筆運びのため、ユーモ…

続きを読む

「笑い茸」「金の茶釜」「百物語」「死相の女」「南蛮仏」を入力した。

連休中に外国へ行っていたので、ブログの更新が滞ってしまったが、銭形平次の入力作業は旅行中も細々とながら続けていた。 帰国後、ルビを振る作業などを行う必要があったが、今日は「笑い茸」「金の茶釜」「百物語」「死相の女」「南蛮仏」の5編の入力が終わった。 「金の茶釜」「百物語」「死相の女」「南蛮仏」はこれまでのようにオール讀物に連載された作品ではなく、中央公論社が昭和14年に出した「銭形平次捕物百…

続きを読む

「有徳人殺害」を入力した

今日は中篇の「有徳人殺害」を入力した。やはり中篇の入力には3日間かかった。 この作品は戦後間もなく夕刊紙として復刊した「新報知」に連載された作品だが、「新報知」の新聞自体は残っていないため、初出情報は報知新聞社の社史でしか確認できなくなっている。 報知新聞社は、傘下の報知出版社で連載終了後に単行本を出しているので、現在見ることが出来る最も古い版は、この単行本ということになる。

続きを読む

「金蔵の行方」を入力した

今日は「金蔵の行方」を入力した。文字通り、行方不明になった金蔵を軸にして、絡み合った筋書きが展開される作品である。今日は入力し切れなかったが、「巨盗還る」も二つの話が絡み合って筋を複雑にしている。どちらも謎解きに力点が置かれている作品である。

続きを読む