「無間の鐘」の入力が終わった

長篇の「無間の鐘」の入力が今日、ようやく終わった。やはり一週間ほどかかった。銭形平次の長篇は、「恋文道中記」、「江戸の恋人達」、「怪盗系図」、「幽霊大名」、「地獄の門」、「お部屋様お退屈」、「恋に克つもの」などがあり、はじめに挙げた4作品は読んだことがあったが、無間の鐘は今回はじめて読んだ。
重苦しい雰囲気が続くのだが、色々な出来事が起るので、話はダラダラとしておらず、単に読むだけであれば、一気に読んでしまいそうな話である。途中で飽きが来ないので、秀逸な作品の部類にはいるのではないかと思われる。

この記事へのコメント