「毒酒薬酒」を入力した

サンデー毎日に連載された「毒酒薬酒」を入力した。
未見の読者には申し訳ないが、率直に言って、「なんだかなあ」と感じつつ入力していた。盛り上がりに欠けるというか、何と言うか。で、短編3本分弱くらいの長さがあるので、入力作業もしんどい。これは結構つらいのである。読者の方もつらいかと思う。
やはりサンデー毎日に連載された夕立の女では野村胡堂氏は設定ミスを補うために最終回で、それを取り繕うために苦労されているが、筆者ごときがこう言っては何だが、この時期には野村胡堂氏は売れに売れまくっていた時期でもあり、さすがに過負荷になっていたのではないだろうか?と疑いたくもなるのである。
今回はつらかったです。

この記事へのコメント