「刑場の花嫁」を入力した

今日は「刑場の花嫁」を入力した。題名は「しおきばのはなよめ」と読む。
数ある銭形平次の作品の中でも、思わず「?」っと目を引く刺激的な
題名である。
それに反して、物語は中盤まで、むしろいつもの作品よりも淡々と進んでいくのだが
物語の2/3が進んだあたりで、急に展開が変わり、圧倒的なシーンが展開する。
この場面の野村胡堂の筆力は凄くて、読者もぐっと引き入られるだろう。
ただ、果たして江戸時代にこのようなことが起りえたか?という点になると
いささか疑問もわく。フィクションだから成り立つ話でもある。このあたりは
賛否両論があるだろうが、角川文庫や文春文庫の傑作選に収録されているだけの
ことはあると考えている。

この記事へのコメント