「百四十四夜」「禁制の賦」を入力した

昨日、末尾部分がのこってしまった「百四十四夜」と「禁制の賦」の2編の入力が完了した。
第8巻、第9巻で先行して入力している9編があるので、これで合計100編の入力が終わったことになる。
元旦から入力を始めて、3ヵ月半、ほぼ1日1編のペースで何とか入力を続けることが出来た。
何度も書いていることだが、383編の後半には長篇、中篇も多いので、これらはとても1日では入力できない。このため、全体としては到底1日1編のペースは維持できないので、前半の入力をかなり飛ばしてきた経緯がある。
それでも最初は途方も無く膨大な作業に思えた全編の入力作業だが、地道に続けていれば着実にこなしていける。まだまだ先行きは長いのだが、やり遂げられそうな自信もついてきた。

この記事へのコメント