「八千両異変」付記

今日、国会図書館に行って、八千両異変が掲載された文藝讀物の最終号のマイクロフィルムを見た。国会図書館ではオール読物は戦前戦後すべての号がマイクロフィルムで閲覧できる。 「今般の出版企業整備に際して、『文藝讀物』は残存娯楽雑誌六誌の中の一つとして存続することに決定を見たのでありますが、日毎に苛烈深刻を加えつつある戦局に鑑み、より以上積極的に整備に協力すべく、四月号を最後として自発的に『文藝春秋』…

続きを読む