「槍の折れ」の入力が終わった

「槍の折れ」の入力が終わった。犯行の手口の意外性など、推理小説としてのできばえが良い。丁寧に書かれている印象を受ける。野村胡堂は売れっ子の作家だったので、平次物以外にも池田大助など多くのシリーズを手掛けていた。売れっ子作家の多作の時期には、どうしても作品の錬度が落ちる傾向に陥りがちになることは、世間にはままあることである。野村胡堂がそうと言うわけではないのだが、戦争で出版界が窒息状態となる中で胡…

続きを読む