「土への愛着」「唖娘」を入力した。

「土への愛着」と「唖娘」を入力した。 「土への愛着」は筋自体は平凡な水準にも思うのだが、登場人物の作男の老爺の、「私の親も、その親も、その親の親も、丹精して肥やして来た土でございます。――私が眼をつぶると、田の畦《あぜ》一本一本、畑の土くれの一つ一つもはっきり浮かんで来ます。――私は毎年春先になって、物の芽が育つ頃になると、朝から晩まで畑に出ては、両手で黒い土を掴《つか》んで、揉《も》みほぐし…

続きを読む