「吹矢の紅」「白紙の恐怖」を入力した。

「吹矢の紅」と「白紙の恐怖」の2編の入力が終わった。 どちらもなかなか面白い作品なのだが、それぞれ一風変わったところがある。 まず、「吹矢の紅」、平次の女房のお静が両国で昔の馴染みの知合いの女性がしょっ引かれるところに出会うところから始まり、お静は八五郎に直接助けを求める、平次は甲府に行っていて不在、というシチュエーションも珍しいのだが、この作品では石原の利助親分は他界した後の設定となってお…

続きを読む