「北冥の魚」と「遺書の罪」を入力した

今日は「北冥の魚」と「遺書の罪」を入力した。 北冥の魚は、謎解きの一端を笹野新三郎を担うという珍しい作品。「昔の人は古典に通じていたんだなあ」と思うのは、「蒙求」が登場した「捕物仁義」でも感じたことだ。 「遺書の罪」も面白い作品、筋書きはどろどろしているのだが、引締った作品になっているので飽きが来ない。 今日は、もう1作、「二階の娘」も手掛け始めたが、今日は途中まで。

続きを読む