「狐の嫁入」「娘と黒法師」を入力した

昨晩途中まで入力した「狐の嫁入」と、中篇の「娘と黒法師」の入力が完了した。 どちらも秀逸な作品である。 「狐の嫁入」は嶋中文庫12巻の表題作になっていることからも、皆が認める傑作であることがわかる。導入部が特に面白く、読者を引き込ませる。 サンデー毎日に連載された「娘と黒法師」は筋書きがしっかりしていて読み応えがある。ただ、主人公が殺されかけて身体に障害が残った女性であることと、その文章表…

続きを読む