「二人浜路」を入力した

今日は「二人浜路」を入力した。かなり奇想天外な筋だが、途中までは先が読めないので面白いかった。 一方、長篇の2篇目として、無間の鐘の入力を始めた。この作品は「読物と講談」という月刊誌に昭和25年から26年にかけて連載されたものである。 読物と講談は、戦前から出ていた長い歴史を持つ雑誌で、きちんと筋の通った出版社なのだが、大衆文芸誌のためか、保存している図書館はとても少ない。北海道立図書館と神…

続きを読む