「万両分限」を入力した

サンデー毎日に連載された「万両分限」の入力を終えた。青空文庫での公開が進んでいるので、再校正を兼ねての入力だった。

続きを読む

「猿廻し」と「春宵」を入力した

サンデー毎日に連載された中篇の「猿廻し」と「春宵」の入力が完了した。 「猿廻し」は「夕立の女」のような大規模な変更はないものの、サンデー毎日に掲載された文章と、全集に掲載された文章は、細部の多くの箇所で相違点があり、全集に掲載された際に手直しが行われたものと見られる。なかなか凝った構成で面白い作品である。

続きを読む

フジテレビ版銭形平次

銭形平次といえばフジテレビで放映されていた連続時代劇を思い出す方も多いはず。888話も放映されギネスブックにも登録されているという不倒の記録を持った長寿番組であった。このため、幅広い世代が、銭形平次といえば大川橋蔵を連想するはずである。 最近になって、ふとしたことから、このフジテレビ版銭形平次がオンデマンドで配信されていることを知った。 1ヶ月888円の有料配信であるが、最初の31日間は無料…

続きを読む

「腰抜け弥八」を入力した

この数日間かかって、サンデー毎日に連載された中篇の「腰抜け弥八」を入力した。登場人物のキャラクターが個性的で、面白く仕上がっている佳作だと思う。 ところで、いよいよ筆者が校正作業を担当した青空文庫の銭形平次の短編、中篇が公開され始めた。昨年の夏から今春にかけて校正した分だが、半年ほど前から公開作業がハイペースで行われるようになったことが大きい。 17日には「群盗」が公開されたが、今後もサンデ…

続きを読む

「十万両の行方」、「人違い殺人」を入力した

今日は、昨晩に最後の部分が残った「十万両の行方」を入力した。凝った筋書きではあるのだが、どこかで読んだことがあるような・・という既視感がつきまとう作品であった。 続いて、サンデー毎日に連載された中篇の入力に取り組み、今日は「人違い殺人」を入力した。プロットとしてはよく出来た作品なのだが、明るいのは導入部の平次と八五郎のかけあいだけで、後は沈んだ雰囲気で話が続くので、あまり後味がよくない。でも秀…

続きを読む