「色若衆」を入力した

今日は中篇の「色若衆」の入力を完了した。どちらかというと本格的な推理物なのだが、伏線の用意が足りないため、最後のどんでん返しがすっきりしない。 そのためであろうか、昭和22年に報知新聞が「新報知」という紙名で夕刊紙として復刊された際に連載された中篇3作、「八五郎女難」「有徳人殺害」「色若衆」の中では、他の2作が単行本として報知出版社から連載終了から間もなく出版されたのに対して、色若衆は昭和25…

続きを読む