「二度死んだ男」「巾着切の娘」を入力した

今日は「二度死んだ男」と「巾着切の娘」を入力した。 「二度死んだ男」もプロットが奇抜で面白い一編だが、やはり「巾着切の娘」が白眉だろう。 昭和12年から13年にかけては、銭形平次は、どちらかというと推理小説色の強い作品が多いのだが、「巾着切の娘」は人情噺のような面白さが印象に残る。 このような作品を書かせたときの野村胡堂の筆捌きはとても見事で、講談を聞いているようなリズム感が伝わってくる。…

続きを読む