「有徳人殺害」を入力した

今日は中篇の「有徳人殺害」を入力した。やはり中篇の入力には3日間かかった。 この作品は戦後間もなく夕刊紙として復刊した「新報知」に連載された作品だが、「新報知」の新聞自体は残っていないため、初出情報は報知新聞社の社史でしか確認できなくなっている。 報知新聞社は、傘下の報知出版社で連載終了後に単行本を出しているので、現在見ることが出来る最も古い版は、この単行本ということになる。

続きを読む

「金蔵の行方」を入力した

今日は「金蔵の行方」を入力した。文字通り、行方不明になった金蔵を軸にして、絡み合った筋書きが展開される作品である。今日は入力し切れなかったが、「巨盗還る」も二つの話が絡み合って筋を複雑にしている。どちらも謎解きに力点が置かれている作品である。

続きを読む

「百四十四夜」「禁制の賦」を入力した

昨日、末尾部分がのこってしまった「百四十四夜」と「禁制の賦」の2編の入力が完了した。 第8巻、第9巻で先行して入力している9編があるので、これで合計100編の入力が終わったことになる。 元旦から入力を始めて、3ヵ月半、ほぼ1日1編のペースで何とか入力を続けることが出来た。 何度も書いていることだが、383編の後半には長篇、中篇も多いので、これらはとても1日では入力できない。このため、全体と…

続きを読む

「不死の霊薬」「お秀の父」を入力した

今日は「不死の霊薬」と「お秀の父」の2編を入力した。 「不死の霊薬」は嶋中文庫の銭形平次捕物控第9巻の表題作になっている作品で、構成が良く練られた佳作である。銭形平次は風邪で寝込んで身動きが取れないという珍しいシチュエーションで物語が展開する。 これで合計98編の入力が終わった。

続きを読む