銭形平次半生記

文藝春秋昭和31年6月号に野村胡堂氏は「銭形平次半生記」という8ページほどの文章を書かれている。内容はオール讀物創刊に当って「半七捕物帳」のようなものを書いて欲しいと依頼されたこと、八五郎は女性の読者に人気があったこと、吉田茂にも愛読されていたことなど、その多くは野村胡堂氏の他の文章でも書かれていることが多いのだが、その中で銭形平次の作品数を「物語の数にして三百六十乃至三百八十篇、枚数八万枚、想…

続きを読む