一番札の初出、わからないながらも一歩前進

今日は鶴見大学図書館に行って「花嫁殺害 捕物小説選集」(昭和23年新橋文庫)を見てきた。「捕物小説選集」、著者は野村胡堂だからといって必ずしも銭形平次のシリーズが載っているとは限らず、池田大助など他の捕物控である可能性もあるのだが、終戦直後の単行本自体が少ないので、ともかく行ってみたのである。 ということで、あまり期待はしていなかったのだが、結果的には予想以上の成果だった。 この本には銭形平…

続きを読む