「花見の仇討」と「蝉丸の香炉」の入力が完了した

昨日、途中までしか出来なかった「花見の仇討」と「蝉丸の香炉」の入力が終わった。 花見の仇討は、花時の飛鳥山を舞台にした作品で、読んでいても、その情景が眼に浮かぶ、ビジュアル的な要素の強い作品である。特にラストシーンの、朧月夜の情景が、頭の中に思い浮かべるととても美しい。そういう意味でとても印象に残る作品であった。 こういうラストシーンはいかにも銭形平次には多そうなのだが、実際に探してみる…

続きを読む