「雪の足跡」を入力した

今日は「雪の足跡」を入力した。 金曜日には「花嫁殺害-捕物小説選集」を見に鶴見大学図書館に行く。昭和23年に「新橋文庫」という出版社が出した本である。果たしてこれが銭形平次なのか池田大助など他の捕物シリーズなのかはわからない。ただ、終戦後間もなく出された作品集はさほど多くは無いので、一応目を通しておこうというつもりである。鶴見大学図書館は学外者は公立図書館の紹介状が必要との事なので神奈川県…

続きを読む

「花見の仇討」と「蝉丸の香炉」の入力が完了した

昨日、途中までしか出来なかった「花見の仇討」と「蝉丸の香炉」の入力が終わった。 花見の仇討は、花時の飛鳥山を舞台にした作品で、読んでいても、その情景が眼に浮かぶ、ビジュアル的な要素の強い作品である。特にラストシーンの、朧月夜の情景が、頭の中に思い浮かべるととても美しい。そういう意味でとても印象に残る作品であった。 こういうラストシーンはいかにも銭形平次には多そうなのだが、実際に探してみる…

続きを読む

「酒屋火事」と「罠」を入力した。

今日は「酒屋火事」と「罠」の2編を入力した。これで合計して68編の入力が終わった。 ところで、酒屋火事には日頃冷静沈着な平次が珍しく、「分かったッ」と言って、いきなり飛び上がったというシーンがある。謎を解いても口には出さずに行動するのが通例の平次にしては本当に珍しい。筆者にはとても印象的な場面であった。 でも、こういう時はある。何日も何日も考えても、頭の中は堂々巡りするばかり・・・。ホー…

続きを読む

「身投げする女」を入力した

今日は「身投げする女」を入力した。週末は1日に2作くらいは入力したいのだが、調べものなどもあってなかなかはかどらない。 「少年小説体系 野村胡堂集」(三一書房)の瀬名尭彦氏による野村胡堂年譜を読んでいたら、「風呂場の秘密」が昭和24年9月の「読物時事」に掲載されていることがわかった。河出書房版の全集の書誌では昭和19年の「書き下ろし」となっているものだが、それらしいものが見つからない1編である…

続きを読む

「死の矢文」を入力した

今日は「死の矢文」の入力を完了した。 花嫁殺害-捕物小説選集 野村胡堂 新橋文庫 昭23という本がある。これが銭形平次なのか池田大助などなのかは判らないが、札幌の古書店に出ていたので購入しようと思ったら既に売れてしまったとの事。仕方が無いので図書館を調べたが、岩手県立図書館と鶴見大学図書館にしかないことがわかった。近くなのは鶴見大学図書館なのだが、公立図書館の紹介状がないと学外者は入れな…

続きを読む