「金の鯉」を入力した

今日は「金の鯉」の入力が終わった。プロットがしっかりとした推理小説色の強い秀作である。 これで80作品の入力が終わった。

続きを読む

「十手の道」「辻斬綺談」を入力した

時間がかかっていた「十手の道」と「辻斬綺談」を今日は入力し終わった。 「十手の道」は少し惜しい作品である。妻まで殺されていながら主君に忠誠を尽くすという話なのだが、妻まで殺されているのに忠誠を尽くすことにどうしても違和感を抱かざるを得ないという読者が多いのではないか。 この作品が書かれた昭和13年であれば、今よりは「滅私奉公」の意識は強かったものと思われるが、それでもどうだろうか。 仮…

続きを読む

「嵐の夜の出来事」「妹の扱帯」「棟梁の娘」「風呂場の秘密」の初出

河出書房版全集などで戦時中で不明とされているのは「棟梁の娘」「娘の役目」「風呂場の秘密」「お此お糸」の4編。戦後で不明なのは「一番札」(昭和21~22年)、「嵐の夜の出来事」昭和24年以前、「妹の扱帯」(昭和24年以前)、「蔵の中の死」(昭和24年以前)の4編であった。 このうち、「嵐の夜の出来事」と「妹の扱帯」の2編は、新報知に連載された「八五郎女難」と、地方新聞(福島民報など)に連載された…

続きを読む

銭形平次半生記

文藝春秋昭和31年6月号に野村胡堂氏は「銭形平次半生記」という8ページほどの文章を書かれている。内容はオール讀物創刊に当って「半七捕物帳」のようなものを書いて欲しいと依頼されたこと、八五郎は女性の読者に人気があったこと、吉田茂にも愛読されていたことなど、その多くは野村胡堂氏の他の文章でも書かれていることが多いのだが、その中で銭形平次の作品数を「物語の数にして三百六十乃至三百八十篇、枚数八万枚、想…

続きを読む

「玉の輿の呪」「欄干の死骸」の入力を完了した

今日は「玉の輿の呪」と「欄干の死骸」の2編を入力した。 今日、初出調べの関係で「野村胡堂・あらえびす記念館」の館長の野村晴一氏と電話でお話しすることができた。野村晴一氏は野村胡堂氏の弟のお孫さんである。 野村さんは大変親切で温厚なお人柄で、とても丁寧なお話を伺うことが出来た。やはり銭形平次は初出の判らないものが多く、一つには野村胡堂氏は書きあがった過去の作品に関してはあまり執着が無く、原…

続きを読む