兵庫の眼玉

今日は「兵庫の眼玉」を入力した。この作品はオール讀物に掲載されたときには「大村兵庫の眼玉」という題名であった。これを引き継いだ中央公論社の「銭形平次捕物百話」でも同じ題名で、さらにこれを底本とした嶋中文庫版でも大村兵庫の眼玉という題名になっている。 同光社磯部書房版の全集では兵庫の眼玉となっているので、これを底本としたと思われる河出書房版の全集でも兵庫の眼玉になっていいるものと考えられる。なぜ…

続きを読む