富籤政談 永楽銭の謎

今日は「富籤政談」と「永楽銭の謎」を入力した。 銭形平次は初期の30作品は、第1話の「金色の処女」に家光が登場するように、寛永年間の頃に時代設定されている。1626年(寛永3年)から発行されだした寛永通宝があったかどうかは微妙な年代である。このためごく初期の作品では寛永通宝という言葉は出てこず、もっぱら平次が投げるのは室町時代から通用していた永楽通宝である。4文銭として通用していたので、1…

続きを読む